犬の障壁

犬のバリアの種類

犬のバリアは安全要素のXNUMXつです どれだけ必要か。 自分のためだけでなく、私たちや私たちの家のためにも。 それはよく知られている補足ですが、それはそれのように見えましたが、あなたはこの要素についてすべてを知っていなかったので、今日あなたはそれらについてさらに多くを発見するでしょう。

犬のバリア付き あなたはあなたの家に限られたスペースを作ることができます、ペットがいつでも通り過ぎることができないようにします。 いくつかは特定の損傷を引き起こす可能性があり、特に私たちが家にいないときはそれを望まないので。 したがって、先験的に、障壁は基本的になります。 以下のすべてをお見逃しなく!

なぜ犬のバリアを購入するのですか?

犬の障壁

  • 家の部屋を自分の部屋に変換します。 あなたが犬の障壁のおかげで思いつくことができる素晴らしいアイデアのXNUMXつはこれです。 あなたが小さな部屋を持っているが、それで何ができるかわからないと想像してみてください。 ペットを飼っていると、それを避けられずにアイデアが飛び出してくるかもしれません。 となることによって 部屋を区切ったり、ゾーンに分割したり、ドアの一部に配置したりするために使用できます ペットのためにより多くのスペースを残します。 部屋そのものである必要はない場合もあるので、私たちが実際に使用したり利用したりしないエリアです。
  • 彼らが家のエリアに入るのを防ぎます: 障壁が持っている重要な仕事のXNUMXつはこれです。 なぜなら、私たちがそれらを離れると、ペットは一日中異なる部屋に出入りするからです。 彼らはそれぞれに何があるかを発見するのが好きです。 したがって、必要に応じて 彼らが家の中をさまようのを防ぎます、それらの入り口または禁止されるエリアにバリアを配置します。 それが彼らの道を妨げ、それを改善するために何もできないようにするためです。
  • 彼らが階段を上り下りするのを防ぎます:家の真ん中に階段があるときは、常に細心の注意を払う必要があります。 私たちが子供たちと、ペットと一緒にそれをするなら。 この場合、l健康上の問題はその日の順序かもしれません そして私達はあなたの関節が苦しむことを望まない。 したがって、誘惑を避けるために、この方法でそれらを防ぐことは常により良いです、そしてそれは犬のための障壁です。
  • 彼らが外に出ないようにする: 特に子犬は最も落ち着きがなく、私たちが望むようにそれらを制御できないことがあるのは事実です。 したがって、常に適切に制御できるようにするための特定の方法を検討する必要があります。 障壁はまた不注意が存在するのを防ぎます したがって、彼らは海外に行くことができます。 私たちはいつでもそれらを安全に保つことができ、これは私たちの呼吸を楽にします。

犬のバリアの種類

拡張可能

その名前が示すように、幅を広くしたり小さくしたりできるため、多くの人に人気のあるタイプのXNUMXつです。 何が私たちにそれを伝えます 異なるスペースに取り付けることができます それが私たちの大好きなことです。 必要に応じて、ドアのさまざまな幅に合わせて調整し、ドアを小さくすることができます。

金属製

あなたが犬の障壁を外に置くことを考えているなら、金属のものは最良の選択肢のXNUMXつです。 彼らはその理由で非常に抵抗力があり、外に置くことはできますが、それだけでなく、かじるのが好きなすべての犬にとっても抵抗力があります。 このような仕上がりでは非常に複雑になるからです。 それも 大型犬に適していますまさに私たちが言及したその抵抗のためです。

木の

いくつかの木製の障壁について考えるだけで、私たちはそれを知っています 私たちの家の装飾は私たちに感謝します。 木は家の隅々で組み合わせるのに最適だからです。 したがって、それは一方ではそれらのエレガントなオプションのもうXNUMXつですが、他方では実用的でもあります。 彼らはまたあなたのペットをよく保護するので。 一部の人がそれらを引っ掻いたり噛んだりすることを選択するのは事実ですが。

ネジなし

私たちは常に最高の利益を享受できるようにするための最も多様なオプションを持っています。 この場合、私たちは話している スクリューレスバリア。 家の領域をドリルする必要を回避するための完璧なソリューション。 ネジなしで来るこのようなアイデアを選ぶのが最善です。 それらは通常一種の吸盤とそれらを結合するいくつかのフックを伴います。 そのため、必要なときに貼り付けと削除を試みます。 このようにそれはあなたがあなたのニーズとあなたのペットのニーズに応じて場所を変えるのを助けるでしょうから。

犬のバリアを正しく選択する方法

固定バリア

  • 材料:それは考慮すべき重要なポイントのXNUMXつです。 材料は犬の障壁の強度と耐久性を決定します、だから私たちは常に非常によく選ぶ必要があります。 金属製のものは、私たちが言及したその抵抗のための最良のアイデアのXNUMXつです。もちろん、装飾に合わせてそれを動かしたい場合は、おそらく木製のものが最も示されます。 一歩を踏み出す前に、何を探しているのか、何が便利なのかを慎重に考える必要があります。
  • 高さ:ペットを必要な場所に配置する必要があるため、重要な要素があります。そのためには、まず 動物の大きさを考えなければなりません。 そこで、バリアの高さを決定します。 中型または大型の犬について話している場合、論理的には少し高くなります。 しかし、小さな子供たちにとっては、逃げられないので、それほどの高さは必要ありません。
  • :ここで、私たちの犬の障壁がどれくらい広いべきかを知るために、 それらをどこに配置するかを考えてください。 入り口として機能するドアやアーチにしか存在しない場合もあるため、そこで幅を測定する必要があります。 ただし、スペースを区切る場合は、幅が広くなることに注意してください。 ですから、不足したり、終わったりしないように、常にしっかりと対策を講じる必要があります。
  • 固定システム: ここで、あなたのニーズが再び現れます。 あなたができるので しっかりと固定されるネジが付いている犬の障壁があります またはその一方で、吸盤。 したがって、後者の場合、壁やドア自体に穴を開ける必要はありません。 最も一般的なのは掘削されたものであることは事実ですが、他のものは通常階段などの領域用であるためです。
  • セキュリティオープニングシステム: 修正されているものもありますが、 トータルセキュリティのオープニングシステム。 それを避けるために、ペットは簡単な方法でそれを開けることができますが、私たちが抵抗しないのは事実です。 そのため、通常は両側が固定されており、必要に応じて中央部分を自由に開閉できます。

犬のバリアを購入する価値はありますか?

さまざまな種類のバリア

真実はそうです、 犬の障壁は常に買う価値があります しかし、はい、あなたは彼らが持っているかもしれない大きな抵抗を選ぶ方法を常に知っている必要があります。 前に述べたように、大型犬を扱っている場合は、より強く、背が高く、または幅の広いオプションを選択するためです。 逆は小さい品種にも当てはまります。 しかし、それが何であれ、あなたは彼らがアクセスできない落ち着いたまたは落ち着くことができるよく区別されたスペースを持っているでしょう。 どの犬の障壁が他の分離方法よりも信頼できるからです。

安い犬のバリアを購入する場所

  • キウォコ:キウォコには、見逃してはならない一連の犬のバリアもあります。 それらは、同時に壁に固定され、拡張可能な耐性のある材料で作られているためです。 それも言うまでもありません 壁に固定する必要のないモデルがあります.
  • Amazon (アマゾン):どうしてそれを減らすことができるでしょう、アマゾンであなたは犬のための無限の障壁を発見することができます。 そうして初めて、あなたはあなたが好むそれらの仕上げを楽しむことができ、常に考えているからです あなたのペットのニーズ。 さまざまなサイズの木材または金属は、Web上で常に発見されるオプションの一部になります。
  • ルロイ・メルラン:Leroy Merlinでは、犬用のバリアの形でいくつかのオプションを使用することもできます。 彼らは最も耐性のある仕上げをしているので、もちろん、アダプターは 彼らはいつでもあなたのスペースに適応することができます。 最小のものから、適応できるものや柔軟なものまで。
  • テンデニマル:取り残せなかったもう一つのお店です。 それらはまたの一部です 障壁の観点からの大規模な選択 その意味は。 階段の入り口やドアに設置するのに最適です。 それらが逃げたり損傷したりするのを防ぐためです。 今、あなたはあなたに最も適したものを選ぶ必要があります!

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。