犬を養子にするときの4つの重要なステップ

犬を養子にする

犬を養子にします彼が大人であろうと子犬であろうと、私たちは彼が良い人生を送り、彼の会社を落ち着いて楽しむことができるようにするために私たちが何をすべきかについて多くの疑問を抱いています。 この懸念は正常です、それはあなたの犬が必要な注意を払うだろう誰かの手にあることを意味します。 これがすべてを簡単にする4つのヒントです 一緒に冒険を始めましょう.

ペーパーワーク

あなたはおそらくこの点ですべてを整頓することを心配しています。 それは私たちが正しくしなければならないステップです。 誰もが私たちの犬の友達が チップがあり、適切に識別されている必要があります データが失われた場合に非常に迅速に見つけることができるように、データを使用します。

養子にする子犬

しかし、誰もが考慮しているわけではなく、また非常に重要なのは、 犬に安全。 XNUMXつの理由から完全にお勧めします。 XNUMXつ目は民事責任です。 特にもし 私たちの犬は手に負えない または少し暴力的でさえ、法律の前に、私たちはそれが引き起こすかもしれないどんな損害に対しても答える人になるでしょう。 XNUMX番目の理由は獣医への訪問です。 残念ながら、獣医にたくさん行かなければならない小さな犬がいます。 私たちが知っているように、これらの訪問は、適切に計画されていない場合、想定するのが難しい費用になる可能性があります。

これらの理由やその他の理由から、ペットと私たちのために、どんな状況でも背中をしっかりと覆うことが非常に重要です。

すべての準備をしなさい

私たちの新しいパートナーが帰宅する前に、彼が最初の瞬間から元気になり、彼の適応プロセスが可能な限り速くなるように、いくつかの計画を立てる必要があります。

最初は緊張するのが普通なので、 限られた場所を用意しましょう あなたの指先にあるものはほとんどなく、あなたはそれらを破壊することはできません。 また、そのサイズに応じて、休憩するための柔らかい場所が必要になります。 もちろん、あなたは常にきれいな水と食物のための容器を持っている水飲み場を持っていなければなりません。 彼が必要とする食物の種類についてよく調べてください、そして、それが避難所から来て、それが可能であるならば、最初に彼に同様の食事を与えてください。 また、彼が自分を楽しませることができるように彼のためにおもちゃを準備します。 最後に、あなたがまだ子犬で外に出られない場合は、アンダーパッドを購入することを忘れないでください。

彼を連れて獣医に会う

それがどこから来たのか、そしてその年齢が何であれ、あなたはあなたのペットを獣医に連れて行くのをやめるべきではありません。 明らかに、まだワクチン接種を受けておらず、まだ外出できない場合は不可欠です。 しかし、彼が大人である場合、たとえ彼の外見が健康で、彼があなたにとって完全な自信のある場所から来たとしても、あなたはそれをするべきです。

犬の訪問獣医

La 獣医を訪ねる それはあなたがファイルを開くこととあなたの健康の世話をする専門家とのあなたの最初の接触を可能にするでしょう。 クリニックでは、彼はすべてが順調であり、あなたが完全な安心を持っていることを確認するために最初の検査を求めます。 時には、それを駆虫する必要があるかもしれません、または獣医はそれらが複雑にならないように観察されなければならないいくつかの問題を検出することができます。

あなたがあなたの犬のために獣医保険を雇うという私たちの推薦に従うならば、これらすべては実行するのに非常に簡単なポイントになるでしょう。

厳格なルーチン

犬を食べる

時には難しいように思われるかもしれませんし、私たちがペットにとって難しいことをしていることもありますが、最初からそれが非常に重要です 食事の時間を厳しく設定しましょう そして、自分自身を和らげるために歩く時間。 私たちの新しい友達はすぐにそれに慣れ、私たちと彼にとってすべてが簡単になります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。