犬のシートベルト

犬は乗客として決して乗るべきではありません

私たちの犬を運ぶとき、犬のシートベルトは必須です 車のすべての乗員を安全にし、恐怖や事故を避けたい場合は、車の中で私たちと一緒に。

この記事では、私たちが見つけた最も推奨されるものと、 安全のためのこの基本的な要素について詳しくお話しします。たとえば、犬を車に乗せることの危険性を明らかにしたり、規制について簡単にコメントしたりします... また、この関連記事を読むことをお勧めします。 犬を車に乗せる方法.

犬に最適なシートベルト

ベルト付きハーネス付属

このハーネスは間違いなく、ベルトを探している場合にAmazonで購入できる最も完全なもののXNUMXつです。 すでに述べたように、ハーネスと車両のベルトの「人間」のピンに取り付けることができるベルトに加えて、製品には非常に快適で通気性のあるハーネスが含まれており、さまざまな色とサイズで利用できます。 コメントは、ベルトも非常に抵抗力があり、非常に簡単に固定され、少し弾力性があることを指摘しています。

しかし、 購入する前に、製品シートで互換性のある車のブランドを確認することをお勧めします、全部では使えないので。

クリップ付き調節可能なベルト

ハーネスに興味がなく、ベルトのストラップが必要な場合は、Kurgoのこのオプションは単純なだけではありません。、リーズナブルな価格と耐性で、グレー、ブルー、オレンジのXNUMX色もご用意しています。 バックルのおかげで、犬が移動する余地が多かれ少なかれあるようにベルトを調整することができ、非常に快適になります。 それだけでは不十分であるかのように、必要なものに最適なものを選択するためのXNUMXつの長さもあります。

最後に、 ほとんどの車両と互換性がありますが、注意してください、ベルトはボルボとフォードのバンでは使用できません。

シンプルなベルトでハーネス

非常に快適でX字型のハーネスの別のモデルで、車で使用できるベルトも含まれています。 この場合、それはあなたの犬が後部座席でできるだけ快適であるように実用的な調節可能なストラップを持っているより単純であるがまた非常に興味深い製品です。 すべてのモデルで起こるように、それを購入する前にそれがあなたの車と互換性があることを確認することを忘れないでください。

XNUMXつの弾性ベルト

複数のペットや複数の車を持ち込む場合に最適なこのパックには、後部座席でペットを安全に運ぶことができるXNUMX本のベルトが含まれています。 これらの製品ではいつものように、 伸縮性のある部分があり、ストラップで調節できるので、犬は快適で安全です。。 さらに、多数の車と互換性があり、さまざまな色で利用でき、非常に頑丈なカラビナと反射ストリップを備えているため、暗くなってもペットを見失うことはありません。

ジップラインベルトフック

これまでに見た犬のシートベルトの代わりに、このジップラインバージョンがあります。 上部の留め具やベルトに引っ掛けることができるロープと、犬が安全を保ちながらより自由に動くことができるようにひもが取り付けられたロープで構成されています。 ただし、犬が非常に緊張している場合は、あまりお勧めできません。一部のコメントによると、犬が大きく動くと、ひもが巻き込まれる可能性があるためです。

小型犬用ベルト

ほとんどの車両と互換性のあるベルトクリップを備えた、よりクラシックな別のモデル。 ブレーキの衝撃を吸収する伸縮性のある部分と、反射ストリップと調節可能なストラップを備えています。 ただし、あまり抵抗力がないというコメントもあるので、体重の少ない小型犬にのみお勧めします。

ダブルドッグシートベルト

最後に、本日お届けする最後の商品は犬用のダブルベルトですので、ペットがXNUMX匹いる場合は、ストラップを乱さずに車に乗せるのが理想的です。 素材は特に耐性があり、ハーネス用の金属製フック、反射ストリップ、弾性部品、ベルト用のシングルフックがあり、ほとんどの車両と互換性があります。

犬を車に乗せる方法

犬が頭を窓の外に突き出しているのは非常に危険です。

規制は国ごとに異なりますが、真実は 私たちの犬の安全と私たちの犬の両方のために、車にしっかりと固定して運ぶのが最善です。 実際、DGTによると、車内でペットを同伴するドライバーの半数以上は、適切に拘束されていないため、危険な状況で生活しています。 そのため、これを強くお勧めします。一部の国では必須です。

  • 車の後部座席の後ろで犬を運びます。 キャリアをお持ちの場合は、フロントシートに対して垂直に配置する必要があります 大きくても小さくても。
  • 同様に、 規則により、犬が運転している間は運転手に迷惑をかけることはできないと定められているため、専用ハーネスでベルトに固定して着用するか、車の前後の間にメッシュを配置することを強くお勧めします。
  • さらに、犬(または私たちがそれを運ぶキャリア) また、スペースハーネスまたはフックを使用してシートに取り付ける必要があります 私たちが今見たもののように、突然の停止や事故の場合にそれが消えて自分自身を傷つけないようにします。
  • これらの推奨事項はいずれも必須ではありませんが、 DGTは、あなたの犬が危険をもたらす可能性があることを確認した場合、あなたに罰金を科すことができます、したがって(両方の安全性に加えて)余分ではないので、予防策を講じてください。

なぜキャリアは座席の上に乗れないのですか?

車に乗っている犬

上で言ったように、 キャリアは、座席の上に、後ろにも前にも、移動方向を横切って地面に乗ることはできません。。 ベルトに取り付けられたシートにキャリアを置くことは非常に危険です。突然の停止や衝撃があると、ベルトがキャリアのプラスチックを粉々に砕き、貧しい犬に重傷を負わせる可能性があるためです。他の居住者と同様に。

犬のシートベルトが役立つ理由

犬は後ろで拘束されなければなりません

ペットを犬のシートベルトで固定する理由はたくさんあります。 (または、キャリアを使用する場合はさらに良い)は、すべての車両乗員の安全性を向上させるための優れたアイデアです。

  • 神経質な犬は事故を引き起こす可能性があります 車の前部と後部が安全グリルによって分離されていない場合、より簡単です。
  • また、犬に頭を窓の外に突き出させてはいけません または、外部からの枝やその他の物体によって傷つく可能性があります。
  • さらに、 すでに述べたように、犬が緩んでいる場合は、投影することができます 急ブレーキや事故が発生し、自分自身や他の乗員を傷つけた場合。
  • ゆるい犬はまた、ドライバーの気を散らす可能性が高くなります たくさん動き回ったり、吠えたり、道路の適切な視界を避けたりします。
  • ひもで結ぶのも良い考えではありません 車内で使用するために特別に設計されたものではないため、首を痛める可能性があります。
  • 最後に、 犬を前席に乗せてはいけない理由のひとつ、ドライバーの気を散らすことに加えて、エアバッグが作動すると、非常に深刻な怪我を引き起こす可能性があります。

犬用のシートベルトを購入する場所

犬は彼らのために特別なシートベルトを使用しなければなりません

あなたが見つけることができます 多くの専門店でかなりの数の異なるタイプの犬のシートベルト。 対照的に、デパートのようなより一般的な場所でこの製品を見つけることを期待しないでください。

  • あなたが犬のためのこのタイプの製品を見つけることができる最初の場所は Amazon (アマゾン)、ここで、すでに上で見たように、それらは多くの異なるモデルを持っているので、あなたはあなたのニーズとあなたのペットのニーズに最も合うものを選ぶことができます。
  • また、中 専門のオンラインストア TiendaAnimalやKiwokoのように、選択できるベルトの種類もかなりあるので、納得できるものが見つからない場合は、それらを検討するのに最適なオプションです。
  • 最後に、このタイプのペット製品は、 ペットショップ 生涯。 彼らはオンラインほど多様性を持っていないかもしれませんが、真実はあなたの人生を楽にし、あなたが探しているものを見つけることになると違いを生むことができるということです。

ペットを安全に車に乗せるには、犬用のシートベルトが必須ですよね? このタイプの製品を使った経験はありますか? 犬を車で連れて行くのに何を使いますか? 特定のモデルの推奨をやめたと思いますか?

フエンテス: ローバー, TourismCanine


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。