危険な犬種に保険をかける方法

ロットワイラー成犬

危険とされる犬種と暮らすことになった場合、私たちはその犬が幸せに暮らせるよう一連のケアをしなければならないことを意識しなければなりません。 だけでなく、 場所によっては保険への加入が義務付けられる場合もあります.

毛皮は社会で生きていくことができなければならず、そのために私たちは最善の方法で責任を負わなければなりません。 このため、説明します 危険な品種の犬に保険をかける方法.

まず第一に、それを知ることが重要です 正しく教育されていれば、危険な犬はいない正の強化を使用します。 それでも、今日でも、非常に攻撃的な犬がいるから常に口輪を付けるべきだと信じている人がたくさんいますが、私の観点からはそれは真実ではありません。 しかし、法律は命令するものなので、 問題を避けるために、保険に加入することを強くお勧めします(マドリッドとバスク地方では必須)。.

必ず あらゆる場所で第三者に引き起こされる可能性のある損害を補償します。 危険な犬種の犬を飼うために少し高い保険料を請求する会社もありますが、通常の保険料でカバーされる会社もあります。 また、次のことを知っておくことが重要です。 各企業は独自の危険な品種のリストを持っています, したがって、かなり前に通知する必要があります。

ピットブルの子犬

また、 愛犬のために特定の保険に加入することに興味がある場合は、それが家庭用のものとは異なることを考慮する必要があります。。 ポリシーが異なるため、価格は高くなります。 しかし、私たちが契約する保険に関係なく、私たちの友人は、名前、人種、肌の色、所属する性別(男性または女性)、所在地とマイクロチップの番号、そして私たちの名前を記載した自分の健康カードを持っている必要があります。

危険な犬についてもっと知りたいなら、こちらをお勧めします この記事では.


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。