犬を車に乗せる方法

犬を車に乗せる方法

犬を飼っているからといって、いつも家にいる、または野原にいる必要があるというわけではありません。 彼と一緒に別の場所に旅行したい場合や、彼を獣医に連れて行かなければならない場合があります。 しかし、 犬を車に乗せるには? そうすることは合法ですか? 一人で運ぶことはできますか?

このトピックについて疑問がある場合は、犬を車に乗せて旅行する際に発生する可能性のあるすべての疑問を解決できるように努めます。

交通法が言うこと

あなたが最初に知っておくべきことは、それが交通法、特に 一般交通規則第18.1条、 犬を車に乗せる方法や他の種類のペットを規制するもの。 一般的に、記事はあなたがあなたを保つような方法でそれをしなければならないと述べています 「自分の動きの自由、必要な視界の変化、運転への永続的な注意」。 言い換えれば、気を散らしたり、運転を制限したりしない限り、ペットと一緒に旅行することができます。

今、記事はしていません あなたがあなたの犬を輸送する方法についての明確化はありません。 つまり、キャリア、ハーネス、シートベルトなどを使用する必要があるかどうかはわかりません。

犬を安全に車に乗せるには何が必要ですか?

法律はあなたがあなたの犬と一緒に旅行しなければならない方法についての義務を定めていませんが、DGT(交通総局)があなたがそれをできるだけ安全にするためのいくつかの勧告を発表したのは事実です。

これを行うために、彼らはそれをお勧めします 動物はいつでも緩んでいません。 そして、彼らはそれがいつでも運転手に襲い掛かる可能性がある、またはそれが彼を苛立たせるのでそれを言いませんが、事故の場合、動物は投げられ、彼の命が危険にさらされるでしょう。 後部にもあると前席に衝撃が加わり、力が倍増し、前席に乗る人のダメージが大きくなります。

そのため、配置する場所に応じて、推奨されるセキュリティシステムは次のとおりです。

あなたが彼を後部座席に連れて行くつもりなら

後部座席(通常)で携帯する場合は、以下の付属品で固定できます。

承認されたハーネス

市場には、シングルフックとダブルフック​​のXNUMX種類のハーネスがあります。

El シートベルトにはワンヒッチハーネスが付属しています。 それが抱えている問題は、衝撃が発生した場合、バックルが壊れて動物がキャビン内に自由に残る可能性があり、その結果、自分自身や前を旅する人を傷つける可能性があることです。

El ダブルヒッチハーネスがより効果的特に、接続システムが短い場合は、事故が発生した場合、動物が前部座席に到達できず、犬も運転手や乗客も大きな衝撃で怪我をすることはありません。

どちらを購入する場合でも、承認されたハーネスであることが非常に重要です。これにより、テスト済みであり、すべての安全要件を満たしていることを確認できます。

犬のシートベルト

犬のシートベルトは、犬と一緒に車で移動するための拘束システムのXNUMXつです。 これらは、 シートベルトにクリップで留めるバックルストラップ 犬の全身を掴むように。

シートプロテクター

このアイテムはオプションであり、動物の安全を助けません。 シートを毛や引っかき傷から保護するのに役立ちます。 しかし、それはあなたが席を動き回ることを本当に奪うわけではありません。

キャリア

El キャリアは犬にとって完璧な輸送手段のXNUMXつです。 あなたは保護され、またより限られたスペースにいるときは落ち着くので。 さて、それを取り入れようとしているなら、それを置くのに最適な場所は後部座席の床であることを知っておくべきです。 前席と後席の間。

非常に大きいので収まらない場合は、トランクに入れて持ち運ぶ必要があります。 もちろん、進行方向を横切る位置に置き、坂を上ったり曲がったりしても動かないように固定してください。

すべてのサイズの犬に対応できる保因者がいるわけではないことを覚えておく必要があります。そのため、これが大きすぎると、メリットではなく、苦痛になる可能性があります。

あなたがトランクにそれを取るつもりなら

あなたの犬が大きいとき、通常のことはそれが車のトランクで旅行することになるということです。 多くの飼い主がこのエリアに動物と一緒に安全に移動できる一種の大型ケージタイプのキャリアを構築していますが、そうでない場合は、使用するアクセサリーを提供します。

分離壁

La 仕切りグリッドとも呼ばれる仕切りバー、 ブーツが後部座席から分離されるように車のフレームに配置されます。 このように、犬はそのエリアにアクセスできず、トランクにとどまります。

動きを制限するために、特に事故の際の安全のために、ハーネスで保持することをお勧めしますが、その中では緩んでいる可能性があります。

あなたの犬が車の中で目がくらむようになった場合はどうしますか?

あなたの犬が車の中で目がくらむようになった場合はどうしますか?

まず、犬にはXNUMX種類あります。車の中で目がくらむ犬と、目がくらむ犬です。 あなたの犬が最初の犬の一人であるなら、あなたは怖がったり、彼と一緒に旅行しなければならないときにストレスを感じたりするべきではありません。彼はひどく。

通常、 犬の25%は乗り物酔いを起こしやすいです。 そしてそれは、めまいの後、嘔吐が起こり、それが車の内側または外側にある可能性があることを意味します。 すべての犬の中で、子犬は最も問題を抱えている可能性があります。特に、聴覚システムがまだ十分に発達しておらず、動かずに動くとバランスが崩れるためです。

そして、それでは何をしますか? 注意してください:

  • 獣医に確認してください。 めまいが一般的である場合は、獣医に相談して、犬が旅行に耐えるのに役立つ薬があるかどうかを確認できます。
  • それに慣れてみてください。 それは彼がいつでも好きなときに乗り込んでそれを自然なものとして見ることができるように車を開くことから始まります。 おもちゃや犬の匂いを入れると落ち着くことがあります。
  • 短い旅行から始めましょう。 長い旅行をする前に、あなたは動物が落ち着いていて、目がくらむことがないようにするか、少なくともそれを少なくする必要があります。 したがって、あなたは短い旅行でそれを始めることができます。
  • 温度を制御します。 動物が快適に感じるように、22度を超えないようにしてください。
  • あまり速く運転しないでください。

車で犬と一緒に旅行するときに覚えておくべき他のヒント

私たちはあなたを残します 車で犬と一緒に旅行するときに役立つその他のヒント:

  • 犬が小さい場合は、キャリアに入れてください。 大きい場合は、フック付きの胸当てに。 このように、彼らはあまり動きません。
  • 旅行に行く前に彼に食べ物を与えないようにしてください。 実際、最後の食事は旅行を始める3〜4時間前でなければなりません。
  • 彼が非常に神経質になり、車の中でじっと座っていない場合は、獣医にあなたが彼に与えることができる薬があるかどうか尋ねてください。
  • 旅行の前に彼を疲れさせ、彼と遊んで、彼にエネルギーを燃やすように数時間を費やしてみてください。 だから、車に乗るとき、あなたが眠りにつくことができるほど疲れていることを願っています。
  • 動物が順応し、自分自身を和らげ、水(食べ物ではなく)を飲み、少し遊ぶことができるように、頻繁に立ち寄ってください。
  • 車の中で、犬に気づかれ、気分に影響を与えるので、彼に怒鳴ったり、ストレスを感じたりしないようにしてください。

犬と一緒に車で旅行するためのヒントを教えてください。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

bool(true)